2017年7月 8日 (土)

For Sale info 1968 Bug2





Eng F 1300 ご覧になられば一目瞭然!
この質感は真似の出来ない一品なのです!

トランクルームもOK!プラス燃焼ヒーターも装備!

本当にお勧めの一台です!
ご興味がございましたら是非お問い合わせお待ちしていますす!

| コメント (0) | トラックバック (0)

For Sale info 1968 Bug

ヨーロッパツアーに重ねてご紹介いたしますのは
1968 Bug L-639Zenihblau All Original car です
内外装、機関共に当時のままをKeep!今となっては大変貴重な一台と言えるでしょう!
走行距離は73932Km,大切に保管、愛用されてきたのでしょう










インテリアもAll originalです!
シートなどはヨーロッパならではのファブリック
とてもゴージャスな素敵な質感です!







ダッシュパネルには温風がでる装置が付いていますす
私自身も初めて見ました!

| コメント (0) | トラックバック (0)

HESSISCH OLDENDORF2

各お店などにもVWのディスプレイなどされ
とにかくVWのお祭りなのです!




















そしてMr.Gさんファミリーと食事会!
4年後も参加して楽しい時間を過ごしたいと思います!
皆さんも是非行っみてくださいね!

| コメント (0) | トラックバック (0)

Hessisch oldendorf 1



皆さんこんにちは!このたびドイツにいってまいりました!
なんと4年に一度のビックイベント!VWオリンピックと言っても良いかもしれまん😊
年々とスタイルが変わりつつあるもののこのイベントは時が変わっても何も変わらず
街そしてVWが一丸となりとても言葉では言い表せない素晴らしいイベントでした!



世界中から集まりそして我が国にピン📍







| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

Excitement1955



皆さんこんにちは!ご無沙汰です
今回ご紹介いたしますのはとって感動物語です!


こちらは1990年にvw大事典にてご紹介されました
1955oval lag top です。
なんとその後20数年ガレージにて大切に保管されていました。
そして感動物語の始まりなのです!
それはownerのYさんから息子さんの亮介君に受け継がれることになりました!
とても感動的な素晴らしい事ですよね!


メンテナンスは足まり、電装そしてこれからも末長く乗って頂く事を願い
エンジンをリビルト行ないました。



いよいよ亮介君のこれからのvwライフのスタートです!
一緒に試乗した時の彼の一声は今でも忘れられません。
それは大きな声で、vw最高!そして お父さんありがとう!
僕はあまりもの感動で、、涙、、嬉しさいっぱいでした。
なんてvwって素晴らしいものなんだろ、、I appreciate it😊

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

'67合体and Bug Bus

             皆さんおはようございます!ようやく春、花見シーズンを迎え
                そしてようやく’67の合体です!
 
Img_0942
          シーヤシ、足回りそしてBody廻りのこれまでの作業を終え
             合体前にヘッドライナーを張りいよいよです!
                           Img_0941   
                             Img_0946
 
                     見事に合体いたしました!
                 完成まではまだ少々時間がかかると思いますが
                      フィニッシュが楽しみです
                             Img_0947
           こちらは新しいBugworksサービスカーのレストアです。
          皆さんの援護を受け頑張ってここまでたどりつきました!
                本当に感謝しています!
        まだまだこれからですがいろんな使い方そして楽しみ方、、、、仕上げ方
                  自分なりの妄想が楽しみです!!
 

| トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

完成1970 Conv

Img_0850
                      遂に完成、となりました1970Convです!
           Body color L19K Yukon yellow / Top Blackとの組み合わせ
            とってもシンプルかつ気品を感じさせられます仕上がりです!
 
Img_0873
             Convならではの後ろ姿にうっとりとさせられますね!
 
 
Img_0852
         以前ご紹介していましたTopも納得のいく仕上がりとなりました!
          実際は時期的に寒い時期でしたのでレザーの伸び具合など
                納得がいかず1回張り直しいたしました
              なんといってもConvは幌が大切ですよね
              これまでの経験と拘りを大切に行いました!
Img_0851
                Frontの形成、ハリ、、、、なども満足です
Img_0855
Img_0854
         RearはUSリフレクターとGermanyオーバライザーの組み合わせです
                 これ以上の物わ必要ないでしょう、、
                      Simple is the best
                     It may be my commitment
 
Img_0887
                       Convならではの冷却を配慮  Eng H 1500 搭載いたしました
 
Img_0859
         インテリアは当時Yukon yellow に組み合わせられていた
          ヨーロッパならではのマテリアリを採用いたしました
           また30年前オーナのHさんにお譲りいたしました
          YANASE オプション ステアリングを装着いたしました
            なぜならConvは少々遊び心が大切ですよね!
          しかし大切に保管して下さっていたHさんに感謝いたします!
        Imgp3110
           これまでの作業はご紹介できないほどの数の作業でしたが
                ほんの少しですが振り返ってUp致します
Imgp3261           リインフォースメントレール、、、、、and、、、、、とにかく細部まで
            根気と執念をもち板金作業にあけくれた日々でした
                   Imgp2650
            リアコンパートメントパネルなどみえないとわいえ
              プレスラインなども合わせ交換いたしました
                     Imgp2651
                                Imgp0283
                 シャーシは切り継ぎ跡など残したくなく
               アッセンブリーにてパネル交換いたしました
                                Img_9791
 
                下廻りなども拘りをもち仕上げていきました
                                Imgp0002
          まだまだ振り返ると様々な作業がありご紹介したいのですが
          なんと言ってもここまでフィニシュできたのも沢山の方々の
             ご協力があってとの事と思い感謝いたします!
         また一番大切な事はオーナのHさんのVWに対する熱意と
              これまでのご理解があっての事と思います。
                   本当にありがとうございました。
 
 
 
 
 

| トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

1955Conv納車

  Img_0722
       京都に向かい北陸自動車道に乗り元気よく快調にスタートいたしました!
          登録、納車は2,20(月)しかし天候、雪の具合などから前もつての
                        スタートです!
            どうしてもテストランを兼ね自走したかったのです!
              Img_0725
          米原手前にてEngが温まっている状態でのスタータの再確認!
             さすがスタンドEngなりの熱ダレ等の心配もない様子!
                       目指すは京都!!
              Img_0729
       ところが米原から名神高速道路に調子よく入ってなり、、、、
       vvvv事故にて通行止め、、、、2時間の渋滞、、、、結局彦根にて下道
             峠など越え八日市Inより再び高速に乗りました!
         今思うと渋滞での連続クラッチ動作、、そして峠越えなどなど
          走行、体験できたのでこれも良いテストだったかとも思います!
 
              Img_0733_2
            そして無事京都に到着いたしました!ヤツター(*^-^)
           いやいやまだまだ気を抜いたらいかんですね、、、
               Img_0748
 
          そして宿泊先に到着です!ここは京都で僕なりにお勧めです!
       まずは大切な愛車を心配なく完全に保管できる立体駐車場付きホテルです!
             そしておまけに旅の疲れを癒してくれる♨付きです!
                    その名はアパホテル堀川通りです!
                 ♨の写真を撮るのを忘れましたが(゚ー゚;
 
              Img_0752
               京都陸運局に到着そしていよいよ登録です!
               Img_0758
 
          登録も無事完了そしてこの日を楽しみにお待ちになっていました!
               ご紹介いたしますオーナの北出さんです!
              一緒に試乗そしてこのConvの説明など終え
              この’55Convの為にご用意された車庫に入れ
                 スマイルショツトなり!!!!!!!!
 
Img_0755_2
            北出さんはこちらのお店Haute Couture Renconter 
                    美容室のオーナさんです! 
                とっても繊細なお洒落なお店です! 
              これも北出さんの拘りとセンスなのでしょう!
                1955Convのチョイスもさすがです!
            皆さん是非京都にお越しの際はお寄りくださいね!
              ひょつとして’55Convで送迎ありかもしれませんよ!  
              Img_0754              
                昨年9月からこれまで約半年間そして
           今回無事北出さんの元へ納車することが出来たのも
           皆さんのご協力、そして北出さんの小さいころからの夢
             を実現するという思いがあっての事と思います
                   本当にありがとうございます!
 
 

| トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

'55Conv

 
                皆様方お元気でしょうか?大変ご無沙汰していましてすいません(;д;)
         今年も早いもので2月後半ですね、しかしもうすぐ春!
         春を前に天候も雪などでVWの足元も(^-^;、、
        私は冬眠していたわけではないのですが現場作業の毎日です(゚ー゚)
       さて今回ご紹介いたしますのは昨年USから無事入荷いたしました
               1955R/H Convのメンテナンスです!
Imgp0012_2
           クラッチの切れが悪くEngをおろし確認したところ
           なんとクラッチカバーのリングが脱落していました
           これではクラッチの切れが悪いはずですよね、、、
           しかし脱落した原因はB/Gをマウントするレディースフォークにありです
           過去に経年疲労かなにかでフォークが折れてしまい
           アバウトな方法にて直されたのでしょう、、、、(;д;)
 
           皆さんご存知でしょうか?レディースシャフトは通常は入れ替え可能ですが
           分割タイプのミッションはケースを分解しないと交換できないのです
           なぜでしょうね?しかしそんなこと考えていてもしょうがないので
                これを機にO/Hすることになりました。
Img_0438_2
              左が純正のもので右が装着されていたものです
             いろんな直し方があるかとも思いますが溶接などは
             いまいちです、、過去に何度も痛い経験をしました
                 材質というものはすごいものです!!
Imgp0009_2
            シヤーシから降ろされたミッションです
                                Img_0430_2
             分解洗浄、、、点検、、、、、、、、O/Hです!
Img_0439_2
            なかなか部品の入手は今となっては困難ですが
             B/g類など交換そして各ギア点検、調整そして組み込みです
                                Imgp0054_2
                                    Img_0444_2
          完成いたしましたミッションそして積み込み前のショツトなり
 
Img_0531_2
         Engですが今回ケースは分解せず
                補器類、その他を点検組み込みいたしました
入荷時はOKURASA ルックスになっていましたがディスプレイー重視のものでした。
      私のこれまでの思いと致しましては本当に現実日常の足に使えるものが
       本物のVWかと思います。それが現実可能になれば必ずよりもっとVW
              が家族同様大好きになると思います!
 
                            Img_0532_2
 
                  年代独特なスタイルですね!
                               Imgp0003_3
                  いよいよ完成!そして京都にお住まいのMr,Kさんのもとへ!
               本当に長い間お待たせいたしました。
                    有難うございます!
Img_0688_3
          日の出と共にセマフォ―も立ち上がり素敵なシーンです!
                           Img_0705_2
                京都までは自走にて行きます!
            緊張しますが走る事の証明とこれからの一歩!
                 頑張って行ってきます!
Img_0701_2
            この年代で贅沢と言ってもよいオプションですね!

| トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

Happy New year 2017

                                             Happy New Year 2017
2017
                            新年明けましておめでとうございます
                   今年も宜しくお願いいたします 。
          2017年もVWと共にHappyな一年そして楽しんでいただける事を願い
                    努力、頑張っていきます!
 

| トラックバック (0)

«有難うございます2016